HOME > コンシェルジュ > 旬彩亭ブログ

2016/09/13

長月の御献立 ~会席編~

皆様こんにちは。和食レストラン『旬彩亭』飴谷です。

秋の夜長、虫の音が心地よい季節となりました。

皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

さて前回同様、旬彩亭の“新しいお献立”のご紹介になります。

↓御膳料理のご紹介はこちらから↓

長月の御献立 ~御膳編~

 

 

今回は『長月の会席料理』の中で、

“お手軽会席”、”日本海会席”、”雪会席”のお薦めポイントをご案内致します。

 

 

≪お手軽会席≫

●焼物 ”真鯛萩焼き”

一番脂が乗っているこの時期旬の真鯛!

様々な時期に食べられる魚ですが、この時期は濃厚な味を楽しめる為、一味違います!

 

●御食事 ”薩摩芋御飯”

秋を代表する食材の一つ、薩摩芋を定番の食べ方で御用意致しました。

 

 

≪日本海会席≫

●焼物 ”喉黒(のどぐろ)塩焼きとあしらい盛り”

都会でも大人気!一躍時の魚となりました、「喉黒」!

地元の人でも“一番美味しいお魚”との噂もある、高級魚です!

のどぐろ

 

●蒸し物 ”秋狭腹(サワラ)の利賀蕎麦信州蒸し”

“魚偏に春”と書いてサワラ。

しかし秋も負けず劣らず、美味しいお魚です。

『そば祭り』が開かれる利賀村の蕎麦と共に、蒸してご提供致します。

 

 

≪雪会席≫

●焼物 ”尼鯛(あまだい)若狭焼きの杉板盛り”

尼鯛の若狭焼きは、最高の食べ方とも言われる調理法です!

杉板に盛り、見た目にも美しい御献立となっております。

 

●御食事 ”松茸御飯”

matutake

数ある秋の旬の中でも、『松茸』は別格ですね。

富山のお米と相まって、ここでしか味わえない、シンプルながらも贅沢な御献立です。

 


 

他の御献立も、富山の秋の旬をふんだんに使用した御献立となっております。

詳細は会席プランページをご覧下さい。

↓会席プランページはこちらから↓

会席メニュー|旬彩亭

 

《次回のテーマ》
“秋の創作越中料理”をお届け致します。

皆様の御来店スタッフ一同、心よりお待ちしております。
飴谷