HOME > コンシェルジュ > 旬彩亭ブログ

2016/10/4

神無月の会席料理

皆様こんにちは。和食レストラン『旬彩亭』飴谷です。

今年も残す所、三ヵ月を切りました。

そろそろ年越しの準備を始める季節ですねぇ…

 


 

さて、今月は旬彩亭の会席料理の御献立が代わる月となります。

今回は『神無月の会席料理』についてのご案内です。

 

10月の会席のテーマは”秋本番

秋爛漫。本格的な秋をご堪能ください

 

中でもお薦め品は・・・

 

 

《お手軽会席》

●先附 ”秋の実の白和え”

sakidukesumi

 

柿、栗、銀杏などなど。秋と言えば実のなる季節!

そんな秋の実を白和えに致しました!

 

 

●留椀 ”卯の花汁”

卯の花とは”おから”の別名です。

おからや大根、人参や椎茸など、具沢山な白味噌仕立ての留椀です!

 

 

 

《日本海会席》

●焼物 ”眼張塩焼き”

眼張を1匹丸々姿焼きにして見た目にも豪華な仕上がりで、

上品でクセのない味の眼張をシンプルに塩焼きにしてのご提供です!

 

 

●揚物 ”えいひれ唐揚げ珠洲の竹炭塩添え”

%e3%81%88%e3%81%84%e3%81%b2%e3%82%8c

 

ふかひれ同様、お肌に良いコラーゲンを多く含むえいひれ。

今回は珠洲の竹炭塩にてお召し上がり頂けます。

 

 

《雪会席》

●焚物 ”立山放牧牛サーロインの治部煮”

立山の大地を放牧にてのびのび育った牛を使用しております。

今回は金沢の郷土料理、治部煮でのご提供です。

 

●酢の物 ”帆立昆布〆奉書巻きの柴漬けソース”

sunomonosumi

 

帆立を富山県で有名な調理法昆布〆にしてのご提供です。

奉書巻きは、大根などを薄く桂剥きにして巻くという和食調理人ならではの調理法です!

ソースには甘酢を使用しており、見た目も美しく食べても美味しい御献立となっております。

 


 

他の御献立も、食欲の秋ならではの美味しい旬を取り揃えております!

 

詳細は会席プランページをご覧下さい。

↓会席プランページはこちらから↓

会席メニュー|旬彩亭

次回は、『年越しの準備』を始めましょう。

お正月と言えばコレ!
御節についてご案内致します。

《次回のテーマ》
旬彩亭こだわり小重“をお届け致します。

皆様の御来店スタッフ一同、心よりお待ちしております。
飴谷