HOME > コンシェルジュ > 旬彩亭ブログ

2016/11/22

新登場! ”???会席”

 

皆様こんにちは。和食レストラン『旬彩亭』飴谷です。

 

日増しに寒さが身にしみるようになりました。

温かい料理が恋しい季節ですね。

 

さて、今回のテーマは冒頭のお写真。

【釜飯】会席についてのご案内です!

 


 

目の前で炊き上がるまでの待ち遠しさ。。。

炊き上がり、蓋を開けた時の何とも言えないあの香り…

 

その楽しみを

なんと今回、8種類ご用意いたしました!

 

中でもおすすめの3種をご案内致します!

 

 

まずはこちらの釜飯・・・

 


何かと話題の北陸が誇る高級魚!

“喉黒釜飯”

 

以前の試食会で、スタッフ一番人気だったのがこちらの釜飯。

北陸を代表する白身魚の王様、喉黒。

 

地元の人も絶賛のこのお魚ですが、実は正式名称『アカムツ』という高級魚です。

通年、とても脂が乗っていて美味しいお魚ですが、この時期は特に美味しく、

白身魚らしい上品な脂が身の甘味と相まって口の中で溶けていくような味わいです。

 

また、釜飯で喉黒を使用することは珍しく、この辺りの地域でも他ではほとんど食べられません。

この機会に是非御賞味下さい!

 


 

次の釜飯はこちら!

 

その美味しさで、食べる人を黙らせる!

“蟹釜飯”

 

蓋をあけた瞬間、蟹の甘い香りが食欲をそそります・・!

 

今回の釜飯に使われている蟹は、今が旬の楚蟹(ズワイガニ)

楚蟹は火を通すことで、香りと甘味が増します。

口の中で蒸した蟹の甘さと富山県産のコシヒカリの絶妙なハーモニーを是非ご賞味下さい!

 


 

続いてこちらの釜飯!

 

北陸の美味しい海鮮を集めた!

“魚堵(おど)釜飯”

 

魚堵(おど)とは、ここ魚津の過去の地名です。

 

そう、この釜飯は…

地元魚津の食材を中心に作った釜飯です!

 

上に紹介した喉黒や蟹は勿論、

カワハギやバイ貝、白海老といった富山で有名な海鮮をふんだんに使った釜飯です。

富山を凝縮させたようなこの一品で日本海をご堪能下さい。

 


 

その他の釜飯も旬彩亭ならではの工夫を凝らした一品となっておりますので、

気になるプランの内容と共に、次回詳しくご案内致します!

 

《次回のテーマ》
釜飯会席~気になるプラン~をお届け致します。

皆様のご来店スタッフ一同、心よりお待ちしております。
飴谷