HOME > コンシェルジュ > 宿泊ブログ

2016/10/26

かぼちゃの煮物っておいしいですよね

 

みなさんこんにちは!

 

まず今回は、前回のブログでご紹介したイベントの「まるまる魚津」

16日(日)にありそドームで行われた様子を、少しですがお伝えしたいと思います!

 

img_0304

 

やってきました「まるまる魚津」

なんと当日は駐車スペースが無くなるほど、多くの人で賑わっていたみたいですΣ(゜゜;

 

dsc_0051

 

わかりますか?

入口に固まっている大勢の人!!!

予想していたより多いですね~!笑

 

メイン会場中央には地元の物産スペースがあり、

企業ブースイベントブースも盛り上がっていたそうです!

 

ちなみに上の写真を撮ったのは午前中。

恐らく午後は、もっとたくさんの人が来ていたのでしょうね^^

 

dsc_0049

 

そんな中、我らホテルグランミラージュが販売していた、

真鯛のピラフシフォンケーキは……

なんと完売!!!

 

しかも・・・

2日間とも!!

 

お越し頂きました方々、本当にありがとうございました♪

(来年もどうぞよろしくお願いします笑)

 

「海の駅」の方の様子は残念ながら分からなかったですが、

ご宿泊されていた方で海の駅に行かれる方もいらしたので、

きっと賑わっていたのでしょうね^O^

 

 

 

ん?…

 

「なぜ伝聞形式なのか」ですか?…

 

実は私…

行っていないんです(情報提供:同僚)

 

来年こそは行ってみたいと思います!!!!!

 

 



 

さてさて季節は「秋」、もうすぐ10月31日。

そう、ハロウィンです。

 

冒頭の写真は当ホテルのロビーに飾ってあるものです。

レストランやロビーショップにもハロウィンの装飾がしてあり、

賑やかになっています♪♫

 

img_0302

 

さて、そんなハロウィンですが、

古代ケルト人の風習が起源とされています。

 

秋の収穫を祝うもので、悪霊を追い出す宗教的な意味合いのある伝統行事

 

なので、ケルト人はたき火を焚き、仮面を被り、魔物に似せることで、

‟私も魔物の仲間だ”と思わせて自分を守っていました。

 

 

また、今では‟ジャック・オー・ランタン”といえば‟かぼちゃ”ですが、

元々は‟かぶ”だったそうです。

なんでも、ハロウィンというものがアメリカに渡った時に、収穫量の多さから‟かぼちゃ”に切り替わったとか。

 

確かに‟かぶ”だと腐りやすそうですね(個人的な意見)

 

img_0303

 

さらに、

皆さんは‟かぼちゃ”のことを英語で何と言いますか?

パンプキンでしょうか?

 

実はpumpkin(パンプキン)はハロウィン用のオレンジ色のかぼちゃのことで、

実際我々が食べている食用のかぼちゃはsquash(スクワッシュ・スクウォッシュ)と言うそうです。

 

これは私も初めて知りました…。恥ずかしい…。

 

ちなみにハロウィンで使用するパンプキンは、大きいものだとあまり美味しくないようなので、

召し上がる際は注意が必要かもしれませんね。

 

 

 

ハロウィンというものが各国へ広まると、

‟Trick or Treat!(お菓子をくれないと悪戯しちゃうぞ!)

という言葉と習慣が広まりました。

 

日本でも徐々に人気が出始め、

近所ではあまり見られないですが、

小さい子供が“コスプレ”をして近所の家を回る姿を想像するとかわいいですよね♪

 

19a320c98cb349821cc15fec6c1887f6_s

 

そう・・・かわいい子供達が、かわいい姿で言うから許される訳で。。。

 

(大きい子供たち)大人がコスプレをして、街を練り歩く為のものじゃないんですよね~。

楽しみ方は、人それぞれですが・・・。

 


 

さて、そんなことを言いつつ、ハロウィンが終わればもう11月。

朝夜の冷え込みが激しくなってきているので、

皆様どうか、お身体にはお気を付けくださいね!

 

(今回はハロウィン直前ということで、少々長くなってしまいました。悪しからず。)

 

 

それではまた次回!

 

 

Trick or Treat🎃!

 

 

宿泊部 餅田